胃カメラ検査のご案内

  1. トップ>
  2. 内視鏡検査のご案内>
  3. 胃カメラ検査

胃カメラ検査

口もしくは鼻から電子スコープ(胃カメラ)を挿入して食道・胃・十二指腸を観察します。

喉を通過する際に正常な方ですと嘔吐反射を誘発するために、えずきが見られます。これは苦痛の原因の一つとなり、また適切な検査を続けることも困難にします。
そのため、当院では麻酔を使っての検査をお勧めしています(麻酔について)。

観察中に、悪性を疑う病変や異質な領域を認めた場合は鉗子という細いマジックハンドのような器具をカメラ内に挿入して、その組織の一部を採取してくることができます(生検)。後日その組織を顕微鏡で観察して悪性病変かどうか判断します。同様にピロリ菌の検査も可能です。

また、大腸とは違って基本的には入院が必要となりますが、良性ポリープや腫瘍の切除(EMR・ESD)も可能です。
これらの手術は熟練した技術と設備が必要ですので、治療可能な高次医療機関に紹介させて頂きます。

検査の流れ

ご予約

  • お電話、もしくは来院時に検査のご予約をお取りいただきます。

検査前日

  • 夕食は軽めに摂っていただき、夜9時以降は食べ物の摂取は避けて下さい。
  • 早めの就寝を心がけて下さい。

検査当日

  • 水・お茶以外の飲食、お薬の服用はしないで下さい。
  • 常備薬を服用されている方は、事前にご相談下さい。
    (血圧を下げる薬、不整脈の薬、喘息の薬は基本的に服用いただいています。)
  • ご自身の運転(車、バイク、自転車など)による来院はお控え下さい。

診察

  • 検査前に受診して頂きます。
    (内服薬を複数処方されている場合は検査前に中止して頂いた方が良い場合もありますので、検査日より前に受診して頂くほうが確実です。)

検査前の準備

  • 胃の中をきれいにするため、消泡剤(白い液体の薬)を飲んでいただき、のどの麻酔薬をしばらくのどにためた後、ゆっくりと飲み干します。

内視鏡検査

  • ベルトをゆるめ、検査台の上に左側を下にして横になっていただきます。
  • マウスピースを口にくわえていただきます。
  • 胃の運動を止める薬や、ご希望により麻酔薬(鎮静剤)を注射します。
  • カメラを挿入し、医師がモニターに映る消化管の内側をくまなく観察します。
  • 検査は5~15分程度で終了します。

検査終了後

  • 検査が終わったら30分~1時間程度休んでいただきます。
  • 休んでいただいた後に検査結果をご説明いたします。
  • 乗り物(車、バイク、自転車)の運転はお控えください。
  • 飲食は1時間後から可能です。
  • 気になる症状があるときはご相談下さい。

お問い合わせ・ご予約
06-6721-7100

ページの先頭に戻る