麻酔について

  1. トップ>
  2. 内視鏡検査のご案内>
  3. 麻酔について

カメラ検査で使用する麻酔

カメラ検査の際に使用する鎮静剤や鎮痛剤をまとめて、わかりやすく麻酔と説明しています。鎮静剤・鎮痛剤を使用することによって、意識レベルが低下し反射や疼痛の閾値も上がりますので、比較的楽に検査を受けて頂くことができます。当院では咽頭麻酔(胃カメラの場合の喉の麻酔)の他に静脈注射(点滴)による鎮静剤・鎮痛剤の投与を行っています。
人によっては眠っている間に終わったと感じられる方もおられますが、鎮静剤・鎮痛剤の量によっては呼吸抑制や心停止などの偶発症を引き起こすこともありますので、その投与には細心の注意が必要です。こちらの指示に何となく従っていただける程度の鎮静レベルが適当かと考えております。

鎮静剤・鎮痛剤投与後、数分で効果が薄れてきますので、検査後30分~1時間程度休んでいただいた後にご帰宅して頂いております。目が覚めているようでも投与後数時間は鎮静薬の効果は持続しており、急な眠気など催す場合もありますので、内視鏡検査の日はご自身での運転(自転車・バイク・自動車)での来院は控えて頂きますよう強くお願い申し上げます。

お問い合わせ・ご予約
06-6721-7100

ページの先頭に戻る