大腸カメラ検査のご案内

  1. トップ>
  2. 内視鏡検査のご案内>
  3. 大腸カメラ検査

大腸カメラ検査

肛門から電子スコープ(大腸カメラ)を挿入して大腸の最も口側である盲腸まで到達させます。多くの方はスムースに盲腸まで到達しますが、カメラの出し入れを不快に感じたり、体型や腹部手術歴(腸に癒着)の有無によって挿入が困難であると、苦痛の原因になることがあります。そのため、当院では麻酔を使っての検査をお勧めしています(麻酔について)。

まず、回腸末端(小腸の肛門側)を観察します。その後、カメラの先端から送気をして管腔を開大させ、粘膜を観察しながらカメラを徐々に抜去してゆきます。
観察中に悪性を疑う病変や炎症などの異質な領域を認めた場合は、鉗子という細いマジックハンドのような器具をカメラ内に挿入して、その組織の一部を採取してくることができます(生検)。
後日その組織を顕微鏡で観察して、悪性病変かどうか判断します。

また、ポリープを認めた場合はサイズ・形態にもよりますが、ポリープ(がんも含む)自体を切除して治療することも可能です。ポリープ切除を行うとその際に腸壁に穴が開くいたり(穿孔)、その切除後の傷口から後日に出血(後出血)を起こすリスクがあります。後出血は偶発症のなかでも比較的頻度が高く、しかも予測できないものなので、ポリープの切除をされた後は排便状況に注意して頂く必要があります。
またクリニックでの治療が適切でない病変と判断した場合は、治療可能な高次医療機関に紹介させて頂きます。

検査の流れ

ご予約

  • お電話、もしくは来院時に検査のご予約をお取りいただきます。
    (カメラ検査当日は、時間的な余裕をみて日中に予定を入れないことをお勧めします。)

事前の受診

  • 検査の1週間前までに、検査のご説明と下剤をお渡しします。

検査前日

  • 夕食は午後7時頃までに、消化の良いものを軽めに摂りましょう。
  • 下剤の一部を22時頃に服用していただきます。

検査当日の前準備

  • 食事は摂らないで下さい。水・お茶の摂取は可能です。
  • 常備薬を服用されている方は、事前にご相談下さい。
    (血圧を下げる薬、不整脈の薬、喘息の薬は基本的に服用いただいています。)
  • 午前中に、大腸をきれいにするための下剤を1.5リットルほど数回に分けて飲み、トイレに何回か通っていただきます。
    ※ 使用する下剤や個人差により、下剤の量は異なります。
  • 検査前におしりに穴の開いた検査着に着替えていただきます。

内視鏡検査

  • 検査台に横になって、おなかを楽にします。
  • ご望の方には鎮痛剤・鎮静剤を点滴注射します。
  • 肛門から内視鏡を挿入します。検査中は力を抜いて楽にしてください。
  • モニターに映る腸内を隅々まで観察します。
  • 検査は15分程度で終了します。

検査終了後

  • 検査が終わったら、30分~1時間ほど横になって休んでいただきます。
  • おなかが張ってくるので、腸ガス(オナラ)を出していただきます。
  • 休んでいただいた後に検査結果をご説明いたします。
  • 乗り物(車、バイク、自転車)の運転はお控えください。
  • ポリープ切除など治療をされた場合は、アルコール摂取やスポーツ、重労働、長湯などは1週間程度控えていただきます。
  • 気になる症状があるときはご相談下さい。

ページの先頭に戻る